Insert Needle Here! A Custom Display for Optimized Biopsy Needle Placement

論文URL:http://dl.acm.org/citation.cfm?doid=3173574.3173837

論文アブストラクト:Needle-guiding templates are used for a variety of minimally invasive medical interventions. While physically supporting needle placement with a grid of holes, they lack integrated information where needles need to be inserted. Physicians must manually determine the correct holes based on the output of planning software - a workflow that is error-prone and lengthy. We address these issues by embedding a display into the template using electroluminescence (EL) screen printing. The EL display is connected to planning software and illuminates the correct hole. In an empirical evaluation with physicians and researchers from the medical domain, we compare the illuminated against the conventional template as used in magnetic resonance imaging (MRI) guided prostate biopsies. Our results show that the EL display significantly improves task completion time by 51%, task load by 47% and usability by 30%.

日本語のまとめ:

低侵襲性医療のために様々な針を誘導するテンプレートが使用されています。 針穴のグリッドが医療を物理的にサポートしていますが、 医師は医療計画ソフトウェアの出力に基づいて正しい穴を手動で決定する必要があります。これはエラーが発生しやすく、時間がかかるワークフローです。 我々はエレクトロルミネッセンス(EL)スクリーン印刷を用いて、ディスプレイにテンプレートを埋め込むことにより解決を試みました。 ELディスプレイは、医療計画ソフトウェアに接続され、正しい穴を照らします。 医療分野の医師および研究者による評価では、照射されたものを従来のテンプレートと比較しました。 我々の結果は、ELディスプレイがタスク完了時間を51%、タスク負荷を47%、ユーザビリティを30%向上させることを示しています。

(347文字)

発表スライド: