Session:「Assistive Medicine」

Lost in Migration: Information Management and Community Building in an Online Health Community

論文URL: http://dl.acm.org/citation.cfm?doid=3173574.3173720

論文アブストラクト: The ever-growing volume of information within online health communities (OHCs) presents an urgent need for new solutions that improve the efficiency of information organization and retrieval for their members. To meet this need, OHCs may choose to adopt off-the-shelf platforms that provide novel features for information management, but were not specifically designed to meet these communities' needs. The questions remain, however, as to the impact of these new platforms on social dynamics within OHCs and their well-being. To examine these questions, we qualitatively studied a migration of a popular OHC, focusing on diabetes self-management, between two off-the-shelf social computing platforms. Despite improving information management, the migration served as a catalyst to reveal the importance of features for identity management and closed circle communication that were not apparent to either the management or the membership of the community. We describe the study and draw implications for research and design for OHCs.

日本語のまとめ:

オンラインヘルスコミュニティ(OHC)内で増え続ける情報量に対し、ユーザーのための情報マネジメントと検索の効率を向上させる新しいソリューションが必要とされています。このニーズを満たすために、OHCは情報管理のために既製のプラットフォームを選択することができますが、これらのコミュニティのニーズを満たすために特別に設計されたものではありません。これらの新しいプラットフォームがOHC内の社会的なダイナミクスに及ぼす影響については疑問が残っています。そこで、これらの質問を調べるために、私たちは質の高い2つの既製のソーシャルコンピューティングプラットフォームにおいて、糖尿病の自己管理に焦点を当て、一般的なOHCの移行の流れを質的に研究しました。情報マネジメントの改善にもかかわらず、コミュニティの管理者またはメンバーシップのどちらにも明らかではないクローズドサークルコミュニケーションとアイデンティティマネジメントのための機能の重要性が明らかとなりました。これらは、OHCsの研究と設計のための示唆となるでしょう。

Insert Needle Here! A Custom Display for Optimized Biopsy Needle Placement

論文URL: http://dl.acm.org/citation.cfm?doid=3173574.3173837

論文アブストラクト: Needle-guiding templates are used for a variety of minimally invasive medical interventions. While physically supporting needle placement with a grid of holes, they lack integrated information where needles need to be inserted. Physicians must manually determine the correct holes based on the output of planning software - a workflow that is error-prone and lengthy. We address these issues by embedding a display into the template using electroluminescence (EL) screen printing. The EL display is connected to planning software and illuminates the correct hole. In an empirical evaluation with physicians and researchers from the medical domain, we compare the illuminated against the conventional template as used in magnetic resonance imaging (MRI) guided prostate biopsies. Our results show that the EL display significantly improves task completion time by 51%, task load by 47% and usability by 30%.

日本語のまとめ:

低侵襲性医療のために様々な針を誘導するテンプレートが使用されています。 針穴のグリッドが医療を物理的にサポートしていますが、 医師は医療計画ソフトウェアの出力に基づいて正しい穴を手動で決定する必要があります。これはエラーが発生しやすく、時間がかかるワークフローです。 我々はエレクトロルミネッセンス(EL)スクリーン印刷を用いて、ディスプレイにテンプレートを埋め込むことにより解決を試みました。 ELディスプレイは、医療計画ソフトウェアに接続され、正しい穴を照らします。 医療分野の医師および研究者による評価では、照射されたものを従来のテンプレートと比較しました。 我々の結果は、ELディスプレイがタスク完了時間を51%、タスク負荷を47%、ユーザビリティを30%向上させることを示しています。

Stitching Infrastructures to Facilitate Telemedicine for Low-Resource Environments

論文URL: http://dl.acm.org/citation.cfm?doid=3173574.3173958

論文アブストラクト: Telemedicine can potentially transform healthcare delivery in low-resource environments by enabling extension of medical knowledge to remote locations, thus enhancing the efficiency and effectiveness of the larger healthcare infrastructure. However, empirical studies have shown mixed results at best. We present a qualitative investigation of a long-standing telemedicine program operating from Lucknow (Uttar Pradesh, India). Invoking the lenses of human infrastructure and seamful spaces, we highlight the factors that determine the success of this telemedicine program. We identify and describe three important aspects: (1) conceptualizing telemedicine as the connectedness of two nodes rather than doctors and patients alone, (2) identifying the critical 'carrying agent' (local doctors at peripheral nodes) and engaging them in program design and implementation, and (3) ensuring co-creation by engaging patients in the process. Finally, we discuss how our lenses allowed us to recognize the seams made visible through the juxtaposition of the infrastructures at the central and peripheral nodes, and to emphasize the human elements that addressed these seams for ensuring the facilitation of a successful telemedicine program.

日本語のまとめ:

遠隔医療は、遠隔地への医療知識の普及を可能にすることで低資源環境における医療を潜在的に変えることができ、より大きな医療インフラとして効率と有効性を高めます。しかし、実証研究では、賛否のある結果が混在しています。我々は、インドのラクナウ(ウッタル・プラデーシュ)によって長年運営されている遠隔医療プログラムの質的調査を提示します。我々は人間のインフラストラクチャとシームレスな空間のレンズを用いることで、この遠隔医療プログラムの成功を左右する下記の要因をハイライトします。 (1)遠隔医療を、医師と患者だけでなく2つのノードの接続として概念化すること、(2)重要な周辺ノードの地元の医師を特定し、それらをプログラム設計に関与させること、 (3)プロセスに患者を参加させて共同創造を保証すること。最後に、私たちは中央ノードと周辺ノードのインフラストラクチャに見られる継ぎ目を認識し、成功した遠隔医療プログラムでは円滑化のためにこの継ぎ目に対処した人間の重要性を強調しています。

CatAR: A Novel Stereoscopic Augmented Reality Cataract Surgery Training System with Dexterous Instruments Tracking Technology

論文URL: http://dl.acm.org/citation.cfm?doid=3173574.3174039

論文アブストラクト: We propose CatAR, a novel stereoscopic augmented reality (AR) cataract surgery training system. It provides dexterous instrument tracking ability using a specially designed infrared optical system with 2 cameras and 1 reflective marker. The tracking accuracy on the instrument tip is 20 µm, much higher than previous simulators. Moreover, our system allows trainees to use and to see real surgical instruments while practicing. Five training modules with 31 parameters were designed and 28 participants were enrolled to conduct efficacy and validity tests. The results revealed significant differences between novice and experienced surgeons. Improvements in surgical skills after practicing with CatAR were also significant.

日本語のまとめ:

我々は、ARを用いた白内障手術訓練システムであるCatARを提案します。 これは、特別に設計された赤外線光学システム(2台のカメラと1つの反射マーカー付き)を使用して、機器追跡機能を実装しています。 計測器チップのトラッキング精度は20μmで、以前のシミュレータよりもはるかに高く、 さらに私たちのシステムは、練習中に研修生が実際の手術器具を使用したり、見たりすることを可能になっています。 31のパラメータを有する5つの訓練モジュールが設計されており、有効性および妥当性試験を実施するために28名の参加者を被験者にして評価を行いました。 結果は初心者と経験豊富な外科医の間に有意差があることを明らかになり、 CatARで練習した後の外科的技能の改善も有意な差がありました。